アイフルで借り入れを断られたケース

Post date5月 21st, 2014 by jt12030224 in 収入証明不要 | コメントは受け付けていません。

アイフルで借入れをする場合、審査があります。
審査の為に書類の提出がありますが、書類の一つに収入証明書があります。
毎月一定の収入が無いと借り入れする事は出来ないのです。
無職の方、生活保護の方でアイフルの借入れを断られた方は多いでしょう。
また、パートやアルバイトの方は収入証明書の他に給与明細などの書類の提出も求められるケースがあります。
アイフルでの借入れを断られたケースに水商売の方が多いです。
水商売の場合は自分の安定性だけでなく、お店が安定し経営出来ているといった証明書の提出を求められたりします。
アイフルなど消費者金融での借り入れは年々厳しくなる傾向にあるそうです。
ですから、消費者金融を利用しなければならない程生活に困っている場合は生活保護の申請も考えるべきでしょう。
収入(所得)証明不要キャッシングから即日お金を借りる
また、これからは益々生活が厳しくなる時代です。
自分の収入以上にお金を使わない、計画的にお金を使うといった計画性を持って生活しましょう。

カードローンで得たお金をファッションに使用した赤堀

Post date11月 26th, 2013 by jt12030224 in 即日発行 | コメントは受け付けていません。

“僕は赤堀と言います、20代の公務員です。実は先月、銀行と消費者金融で生まれて初めてのキャッシングをしました。
キャッシングの理由はファッションです。今時のカジュアルファッションを着てみたいなと思っていたのですが、月々の給料から出すのはしんどいし、ボーナスは結婚資金も兼ねて貯金に回していますので、思い切ってキャッシングを申し込むことにしました。一応公務員で定収入があるので、銀行と消費者金融、両方で50万以上借りることができました。もちろんファッションにそこまでは使いません、10万ほど使っただけです。後は使った分の返済をして、あまりみだりに使わないようしようと考えています。カードローン即日発行
それにしても意外とキャッシングは簡単なのですね。両方とも店舗で申し込んだのですが、応対も丁寧でしたし、審査もスムーズに通りましたし、きちんと返済するのであれば、こんなに便利なものはないと思います。今度、友人にもこのことを教えてあげようと考えています。

キャッシングを申込むときに必要な書類とは

Post date9月 24th, 2013 by jt12030224 in 主婦借り入れ | コメントは受け付けていません。

冠婚葬祭などで急な出費が必要となったり、または出費がかさんだりして生活するお金が足りなくなってしまった場合などに、キャッシングはとても便利な存在です。
キャッシングに申込みをする場合、いったいどのような書類を用意すればいいのでしょうか。

それは、貸金業者によって少々事情が異なるようです。
例えば大手消費者金融であれば、パスポートや運転免許証のような身分を証明する書類のほかに、源泉徴収所や給与証明書などの収入を証明する書類が必要になる場合が多いようです。
さらに、専業主婦の方などが、配偶者の収入をベースに借り入れを申込む歳には、身分証のほかに、配偶者の借り入れに対する同意書と収入証明書が必要となります。
それに対し、銀行系カードローンなどでは、専業主婦が申し込む場合でも、配偶者の同意書や収入証明書は不要な場合が多く、身分証明書があれば手続きが可能なようです。

このように、主婦借り入れキャッシングを申し込む際に必要な書類とは、利用するローン機関によって異なるのが通常です。
自分が利用するキャッシングを決めたら、必ず必要な書類を企業のホームページなどで確認するようにしましょう。

無理なく返済計画キャッシング

Post date8月 22nd, 2013 by jt12030224 in キャッシング即日 | No Comments »

どうしても欲しいものがあれば、ボーナスを待って買うということもできるでしょう。
しかし、ボーナスまで待てない、または使い道があるので、それは使えない、でも、目の前のものは欲しいし、今買わないとなくなってしまうということになれば、やはり買いたいところです。
そんな時には、キャッシング即日が便利です。
月々の支払を定めておけば、給与にも影響がそんなに大きくでることがありません。
また、月一万円からの返済であれば、そうダメージが強くなるわけでもないでしょう。
ただ、カードローンを組むには借金をしているということですから、返済はきちんとしなければなりません。
ローンでは、月々の返済をキチンとできる計画を立てて借入をすることです。
また、借りる先ですが、今は多くの消費者金融がありますので、インターネットで年率などを他の企業と比べて借入をすることです。
場所によっては、180日間無利息という場所もありますので、キャンペーンなどもついでにチェックです。

入院15日で収支ゼロ

Post date7月 26th, 2013 by jt12030224 in 未分類 | No Comments »

 生命保険の給付金の請求に行って来ました。
 15日間の入院(手術なし)で、10万円の給付。入院時にもらった傷病名や主治医名記載の「入院計画書」、入院期間が明記してある「領収証」を持参したので、その場で請求手続きが完了しました。診断書をもらうにも費用と時間がかかるので、これはありがたかったです。
 しかし、病院以外にかかるお金は少なくないですね。入院費は公的保険料で3割負担で済みますけど、見舞い交通費・差入れ・洗濯代・支度などは、全額自己負担ですから。幸い手持ち現金で賄うことができましたが、万が一のために、私はお金の出処をリストアップしていました。使う順序は、
 手持ち現金(利率0、上限あり)
 預貯金(利率0、上限あり)
 生命保険の積立金からの借入(利率3%台、積立金=借入可能額)
 借入(利率4〜18%、上限あり)
で考えていました。
 最後の手段がカードローンや銀行ローンなどの借入ですが、これって借入額が多いと利率が下がるんですけど、少ないと利率が上がるんですよね。だからなるべく使うまいと思っていました。
 意外に頼りになるのが、生命保険の積立金からの借入です。利率が低いうえ、返済は最長で生命保険の満期まで延長可能なので、当座の生活を圧迫しません。
 実際には、公的保険制度と手元の現金でカバーできましたが、いざというときの出費のときに何をどれだけアテにできるか把握しておくことは、傷病時以外にも、助けになります。保険の見直し(掛金増額)は簡単ですが、継続的に負担が増えるのは正直言って簡単とは言えません。我が家では自分たちのライフサイクルをよく考えて、保険や預貯金以外に何が備えになるのか、公的制度も含めて情報を得たり、資産の棚卸をして考えるようにしています。有り余るほど備えあればおそらく憂いなしですが、現実はけっこう厳しいです。工夫次第で乗り切りましょう。
【今回の収支】
 出費 病院10万+その他3万(交通費・支度・差入れ等)
 収入 生保給付金10万+小遣い3万(入院したので使わなかった)
 収支 13万−13万=ゼロ