勃起不全を改善するなら持続力を高める精力ドリンク「凄十」を選ぶ

持続力を上げるのに役立つものとは

様々な要因により、年齢を問わずに勃起不全になることがあります。ただ、症状によっては凄十を活用することにより改善することもありえます。
勃起不全は、男性ホルモンの低下や血流の悪化によっておこります。食生活の乱れや睡眠不足など、健康状態を悪くしていては、改善しないものです。
食事を変えていくことも大切ですが、凄十の効果を利用すれば血流を改善してくれる効果が期待できる成分が多く配合されています。
持続力を向上させることができれば、自信につながり勃起不全がよくなる可能性がでてきます。
サプリにもいろいろな種類があり、配合されている成分などが違いますので比較しながら探していけば問題ありません。
ただし、飲んですぐに効果がでる可能性は低いです。勃起サプリですので、少しずつ体質を改善しながら勃起不全の症状をなくしていきます。
持続力を高めるためにも、毎日継続して摂取することです。個人差はありますが、数カ月程度は試してみるとよいです。

勃起不全症治療薬と抗うつ剤の併用に関して

抗うつ剤は勃起不全症治療薬の血中濃度を上昇させる
勃起不全症治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。これらはいずれもホスホジエステラーゼⅤ阻害薬で、その血管拡張作用によって勃起を引き起こしやすくします。勃起不全症治療薬は抗うつ剤との併用によって血中濃度が増加する可能性があります。勃起不全症治療薬と抗うつ剤は肝臓の薬物代謝酵素CYP3A4によって代謝を受け、体内から消失します。もし両者が併用されるとCYP3A4の競合が起こってしまい、いずれの薬物も代謝速度が遅くなってしまいます。これによって体内から消失しにくくなってしまい、結果として両者の血中濃度が増加してしまいます。これによって勃起不全症は効果が出すぎてしまう可能性があります。もし効果が出すぎてしまうとその血管拡張作用によって、頭痛、顔面紅潮、めまい、全身倦怠感などが現れることがあります。特に心疾患の持病がある方の場合には低血圧になりやすくなるので注意が必要です。