総量規制対象外の借入れにおいて、注意すべきこと

総量規制という、キャッシングで年収の3分の1しか借りることができない、という制度があります。
主に消費者金融からの個人を対象とした個口の融資に適用されている制度です。
これにより借入れを抑制することに一定の効果を上げているのは間違いないと思います。
ただし、専業主婦といった収入のない人に対してや、住宅や車などの大きな買い物の場合など、すべてが年収の3分の1しか借りられないわけではありません。
例外として、総量規制対象外、つまり年収の3分の1という制限のない借入れ方法も用意されているのです。
総量規制対象外の借入れを利用する場合、気をつけたいことがあります。
それは、年収の3分の1を超えた融資を好んで斡旋してくるような悪徳業者もあるかもしれない、ということです。
つまり、利用するしないに関わらず、借りるほうは総量規制対象外という制度を知っておいた方が良いです。
仕組みを知ったうえで、計画的な借入れを心がけていきたいところです。